セルライト

胸のサイズを落とさずにセルライトだけ落とすためには

セルライトのないすらりとした身体をゲットするためにダイエットをがんばっても、最初に痩せるのは胸だったりしませんか?胸だけは残しておきたい、むしろもう少し大きくてもいいのに!と、くやしい思いをした経験のある方は多いのではないでしょうか。

セルライトを撃退してダイエットを成功させながらも胸のサイズを落とさず、むしろバストアップもできちゃう夢のような方法はないものでしょうか。胸を残してセルライト撃退のための、私のおすすめの方法をご紹介しますね。

まずは姿勢に気をつけることです。仕事でパソコンデスクにはりついているとどうしても猫背になりがちです。1時間に一度、できれば30分に一度は休憩して身体をたくさん動かすように心がけましょう。大きく息を吸ったり吐いたりしながら背伸びをするだけでも違うから不思議です。

人間の目は前方にしかついていませんから、意識が前方にばかり向くのは当然です。しかし人間の身体は立体です。当たり前のことですが背中も前も平等に人の身体の一部です。姿勢を良くする時にまず背中を意識することが大切です。よく「胸を張る」と言いますが、胸を張るというより背中を上下に広げて真っ直ぐ伸ばすという表現の方が理想的な姿勢に近づけると思います。背中が伸びれば自然と前も伸びますから。

正しい姿勢が取れていれば骨盤が動きやすくなります。骨盤は身体の中心に位置するものですから身体の全てに関わっています。骨盤がスムーズに動くようになれば血行不良も直るといわれています。血行の悪いことがセルライトができてしまう原因のひとつですから、姿勢を良くすることはセルライト除去に意外にも深く関わっているのですね。

胸のサイズを維持してさらにバストアップまでねらうためには大胸筋を鍛えることが重要です。腕立て伏せなどで大胸筋を鍛えることで胸の張りを保ちます。

腕立て伏せするときのポイントは床につく両腕の位置です。広めにとるときと狭めにとるときでは鍛えられる筋肉が違います。大胸筋だけではなく二の腕にも効果があるので腕のつく幅を広げたり狭めたりしながら腕立て伏せを行うとよいでしょう。つらい方はひざを床について行なってください。ゆっくりと呼吸しながら行うことで有酸素運動の効果も期待できてダイエットと胸のサイズアップの一石二鳥です。

ふともものセルライト改善には筋肉をつけるのが一番

女性ならば誰しも聞いたことのある言葉「セルライト」。セルライトとは一言で言うと脂肪のことです。肥満体型の人ではなくとも血行が悪かったりして脂肪が固まってしまうことでボコボコのイヤなセルライトがあらわれてしまうといわれています。

最も脂肪が付きやすい身体の部分のひとつがふとももですね。おしりからふとももにかけてお肉がダルダルなことが悩みだったり、ふとももがパンパンで足が全体的に太いのが悩みだったり、と、ふともものセルライトには泣かされます・・・。

セルライトは脂肪のことですから、脂肪を減らして筋肉をつけることが最も効果的であるという考え方があります。ふともも引き締め・打倒セルライトに効果のある筋肉トレーニングをご紹介しますね。自宅でできるかんたんなトレーニングです。

うつぶせに寝てひざを曲げます。ひざの幅は腰より少し広めがよいでしょう。そしてふとももを床から離します。ゆっくり息を吐いて吸ってを繰り返してください。床へ下ろすときもいきなりドンっと下ろすのではなくゆっくりとです。片足ずつ交互に行います。10往復ほどやるとへとへとになってしまうかもしれませんね。無理のない程度に行なってくださいね。

余裕がある方はそのまま次のトレーニングに移ります。同様にうつぶせに寝てひざを曲げます。ひざの幅はやはり腰より少し広めです。両腕を身体の外側から回して足首を持ちます。カメのポーズとも呼ばれている通り、甲羅をしょったカメのような形に見えます。足首を持つのがキツイ方はつま先でも良いです。

そのまま両手で足を引っ張りながら上半身を起こします。身体の前側(床側)が伸びて背中が縮まる感じになります。このとき背筋でぎゅっと抑えこまないようにしましょう。背筋でがんばって支えてしまうと肝心のふとももが鍛えられません。ふとももやおしりを意識するとそこまで弓なりにはならないかもしれませんね。でもそれでオッケーです。呼吸をするのを忘れないようにしてください。血行の悪いことが原因のセルライト解消では呼吸がもっとも大切です。

トレーニングをがんばって筋肉痛になったら、筋肉をよく伸ばすようにしてください。トレーニングが終わった後に筋肉痛になる前にストレッチしておくのも効果的です。

イヤ~な腹部のぼこぼこセルライトは全身のケアで潰す!

体質にもよりますが、腹部のお肉を減らすためには全身を痩せさせるしか仕方ないんですよね。ダイエットしても最後の最後まで残る腹部のお肉。セルライトもあるし、本当にイヤになってしまいます。

ダイエットして少し顔が痩せて「あ!痩せた?」と言われてうれしい気持ちになっても、脱いだ姿を自分で見てまたがっかりしたりすることはありませんか。服を着ているときはごまかせても裸になると腹部のセルライトが目立つしまだまだお肉もたっぷり。

全身運動をして腹部のセルライトをどうにか潰しましょう!全身のダイエットを行いつつ腹部を引き締める運動を加えたらより効果が期待できます。

ダイエットするためには規則正しい生活が最も大切です。健康な身体を作れば身体の代謝が正常に戻ります。代謝がよくなれば冷えやむくみも改善されて痩せやすい体質になるのです。

良質な睡眠は12時前に眠ることで得られるといいます。忙しい方はなかなか難しいとは思いますが、早めには眠れない場合でも毎晩同じ時間に寝て起きるように心がけたいものです。

栄養はバランスを守って食事の量を減らしましょう。ストレスが溜まりすぎてしまう場合は時間を決めて好きなものを思う存分食べるようにしても構いません。そのときにはよく噛んでゆっくりと食べることを心がけてください。

腹部を引き締めるための効果的な運動は「ひねり」です。背もたれのあるイスに腰掛けます。背筋を伸ばして余計な力を抜くように意識してください。ゆっくりと息を吸って吐きながら上半身をひねります。やりづらい人はイスの背もたれにつかまって身体を支えてひねってください。両足が床についたままなこと・膝がなるべく倒れてこないことが理想です。反対側にもひねってください。

このように脂肪を減らしてやわらかい筋肉をつければ腹部のしつこいセルライトも解消されるはずです。運動は大変なこともありますが毎日10分ずつでも良いのでがんばってくださいね。

セルライトまみれで固まったふくらはぎはコレで解消!

自分の足をじーっと見つめるているとふくらはぎの太さがとても気になってしまいます・・・。筋肉みたいに引き締まっているわけではないのに、触ってみると意外とパンパン。指が入る隙間が骨とふくらはぎの間にありません!固いお肉で作られたふくらはぎにはその上ボコボコのセルライトが!ふくらはぎのセルライトはどうやって解消するべきなのでしょうか?

セルライトは固く張ったお肉に出てくるとも言われています。血流が悪くなってしまうことがセルライトの原因であり、固いお肉は血流が悪い証拠だからです。血流が悪いことは全身に悪影響を与えます。冷え性になったり便秘になったり肥満になったりしてしまいます。

セルライトを撃退して全身健康になるためにふくらはぎのお肉を柔らかくして血流をよくしましょう。さらに筋肉を引き締める運動をすればもうふくらはぎのセルライトはこわくありません!

ふくらはぎはマッサージしやすいところなので自宅で一人でもかんたんにマッサージできます。100円ショップなどでも手に入るいわゆる「コロコロ」を使うのもよいかもしれません。心臓から遠い方から揉みほぐしていきます。骨とお肉を引き離すようにするとよいでしょう。痛気持ちいいくらいがマッサージの基本です。

ふくらはぎを鍛えるかんたんな方法は「踏み台昇降」です。たとえば階段の一段を使い、上ったり降りたりを繰り返します。階段だと高すぎることもありますので底上げして工夫しましょう。このとき姿勢を良くしてアゴが前に出てこないように背中を引き上げて行うとより効果的です。肩や腕に力を入れないように上半身はリラックスして行いましょう。地味な運動ですが、結構疲れると思います。

この踏み台昇降はふくらはぎに筋肉がついて余計に太くなってしまうといううわさもあります。セルライトをなくしてほっそりした足にするためには息を吸ったり吐いたりしながらゆっくりと行うことが重要です。走るようなスピードで行う必要はありません。

息をゆっくり吸ったり吐いたりすると身体の中の「気」も整います。全身の血行が良くなってセルライト知らずの身体になれるかもしれませんね。

ショック!膝にまでセルライトが・・・まずは老廃物を取り除こう

おしりやふとももだけではなく膝周りにまでセルライトができてしまったらショックですよね!膝のわきや膝の裏にセルライトができてしまって、ミニスカートが履きづらくなって自然とパンツスタイルばかりになってしまう、なんて方は多いのではないでしょうか。膝周りのセルライトを自宅で落として思う存分おしゃれしませんか?

膝にまでセルライトが出てきてしまうのは足がとてもむくんでいる証拠かもしれません。セルライトは血行不良が原因で起こるともいわれています。体重を一心に引き受ける足には疲労が溜まりやすく老廃物が溜まりやすいです。老廃物が溜まると足はどんどんむくみセルライトも出てきやすくなってしまいます。

老廃物を取り除くにはリンパマッサージが効果的です。お風呂に入ったときに足のマッサージを行いましょう。心臓から遠い部分から始めるのがマッサージの鉄則です。足の裏から膝へと老廃物を流すイメージで両手を使って行いましょう。お湯の中で行えば冷え性も改善されて一石二鳥です。冷えはセルライトの大敵なので冷え性に悩んでいる方はとくに改善したほうがよいですね。

膝のお皿の周りはとくによくマッサージするとよいでしょう。お皿の周りには少しくぼんでいるところがあるはずです。強めに押すとすごく痛いこともあります。疲れが溜まっている証拠です。セルライトの予防のためにもよくマッサージするとよいでしょう。

リンパマッサージをして老廃物を取り除くことを習慣付けたら、日常生活から見なおして膝などのセルライトを防止しませんか。たとえば足をよく組んで座っている方は注意が必要です。骨盤がゆがんで血流が悪くなってしまう上に足が疲れを溜めてしまいます。つい癖で組んでしまう人は意識して直すべきでしょう。

セルライトのないほっそりした二の腕になるための効果的なマッサージ

上半身で気になる部分のひとつが二の腕です。二の腕がほっそりときれいだとタンクトップでもTシャツでも露出の多い服が似合うものですよね。二の腕にボコボコしたセルライトでもあれば水着を着るのもためらってしまいます。思いっきりおしゃれするために!セルライトのない二の腕を目指しましょう。

それでは、タプタプした二の腕をきゅっと引き締めてセルライトをなくすマッサージをご紹介します。

二の腕のセルライトにはリンパマッサージが効果的です。健康番組やインターネットでの口コミでも広まっているので、かなり効果が期待できますね。リンパの流れを良くしてむくみをなくしてセルライトのないすっきり二の腕をゲットです!

リンパ節は首から肩にかけてのラインにあります。二の腕だけを揉んでいても意味がないので注意です。首から肩にかけてゴリゴリしているところはありませんか。固ければ固いほど凝り固まって肩こり・首こりを引き起こしていることになります。血流も悪いのでセルライトができやすくなってしまいます。

指の腹で首から肩にかけてゆっくりと押しもみます。老廃物を押し流すイメージです。そして二の腕をもう片方の腕の手のひらで包み、内側へ回します。強い力でねじり上げると肌を痛めるので注意してください。

腕や肩のこりがなくなってきたら筋肉トレーニングをするのもよいですね。二の腕を引き締めるといえば腕立て伏せです。腕立て伏せは本格的に行うとかなりキツイので、まずは膝を床に付けて行うとよいと思います。腕の幅は肩の幅より少し広めにとり、手の向きはなるべく並行です。キツイ人はハの字に広げてください。

ゆっくりと息を吐きながら肘を曲げ伸ばします。速く動かすと意味がないのでゆっくりと行なってください。つらく感じたら息を吐きます。実は腕立て伏せは二の腕だけではなく背中・お腹の筋肉まで鍛えられるのです。全身のセルライトも除去できてしまう効果が期待できますね。

マッサージしにくい背中のセルライトはどうやって除去するの?

セルライトを除去する方法で有名なもののひとつがマッサージですよね。専用ローラーでお風呂上りにコロコロするのはセルライトケアだけではなくリラックスして気持ちが良くなるものです。

しかし一人ではマッサージしにくい部分もあります。たとえばセルライトが背中にできてしまったらどのようにマッサージしたらいいのでしょうか。

自分でセルライトケアしにくい背中はエステサロンに行くのがひとつの方法です。エステサロンは全身リラックスできて肌もプルプルになるしとても贅沢な気分になれますよね。セルライトケアコースのあるエステサロンもあるのでいろいろと試してみたいものです。

しかしエステサロンに行くにはお金と時間がかかりますね。毎日エステに行ければいいけれど、そうもいかないのが現実です。そんなときには背中のセルライトをケアするためのストレッチを自宅でしてみませんか。「腕」と「肩」に注目です!

背中だけを動かすのは難しいけれど腕は広い範囲を動かせますよね。腕と背中はつながっています。腕をストレッチすることで背中の筋肉もほぐしてセルライトを除去する効果が期待できます。肩こりにも効果が期待できますよ。

自分の腕の状態をチェックしてみましょう。座っていても立っていても構いません。手のひらを前に向けて両腕を広げます。そのときに中指の先に糸がついていて両側から引っ張られているイメージでピンと伸ばします。

では右腕だけを伸ばしたまま左手で右腕のひじを触ってみてください。ひじの部分にゴリッとした骨がありますよね。ひじの骨よりも少しだけ腕の内側に近い部分の骨です。これが身体の前側にある人はNGです!

背中の筋肉を柔らかくきたえて血行をよくしてセルライトケアするための腕の伸ばし方は、その骨を床に向けることが重要なポイントです。そのグリグリ骨を床に向けるように腕を伸ばすとどうしても手のひらもいっしょに下を向いてしまうと思います。しかし手のひらはあくまでも前です。ひじもしっかり張ったままにしてくださいね。

これがやってみると結構キツイ!腕がギリギリねじれてしまう感じです。バレエ・ダンサーはこの腕をキープしたまま華麗に踊っているそうです。すごいですね!ですからバレエ・ダンサーの背中はセルライト知らずですっきりと伸びてキレイなのですね。

骨盤体操がセルライトケアにまで効果がある理由

便秘解消・姿勢矯正・冷え性解消・ダイエット・バストアップ・代謝アップ。そしてセルライト除去。これらはどれも「骨盤」が肝心だとご存知ですか?骨盤矯正や骨盤体操がセルライトまで防いでしまうなんて驚きですよね。骨盤はなぜこんなに重要なのでしょうか。

骨盤体操で改善されるセルライトはなぜできるのでしょうか。セルライトとはフランスで生まれた造語だそうです。セルライトの正体は一言でいうと脂肪のかたまりです。誰にでもある脂肪細胞が血流が悪くなることで固まってしまうのがセルライトです。つまりセルライトは血行を良くすることで改善されるのですね。

血行に深く関わるのが骨盤です。なぜなら骨盤は人体の中心だからです。骨盤の周りのお肉が運動不足などで凝り固まってしまうと骨盤が自由に動かなくなります。骨盤が動かないと全身が動きにくくなります。人体の骨は骨盤から伸びているからです。

全身が動きにくくなると身体の動きに無理が出て疲れがたまりやすくなります。肩こりや腰痛はこうして起こります。疲れをためた筋肉には血液が流れてもなかなか温まらないのです。温まらない筋肉はよりいっそう凝り固まってしまいます。悪循環ですね。

骨盤体操をして骨盤周りのお肉を柔らかくすることで骨盤が自由に動きやすくなります。このことがセルライトを始めとする全身の悩みを解消するための根本的な改善法なのです。中でもセルライトは代謝アップ・血行促進することで除去が期待できます。骨盤体操がセルライトに効果があるのはそういうわけなのです。

自分の骨盤がどの程度動きにくいのかチェックしてみませんか。股割り(床に座って両足を広げる)で骨盤の状態がある程度わかります。股割りして鏡で自分の横を見てみましょう。背中が丸まって腰が落ちていませんか。腰を前に押そうとしてもびくともしない方はかなり骨盤が動きにくくなっています。日常生活でも猫背に注意しましょう。

腰のセルライトも自然と除去されるおしりを鍛えるトレーニング

自分の後ろ姿は見えにくいのでケアが難しいですよね。最近太ったな、なんて気にしているあなた。腰にセルライトがボコボコしているなんてことはありませんか?おしりや腰のセルライトはトレーニングして撃退しましょう。

セルライトは脂肪のかたまりで血行が悪いことでできるといわれています。セルライトを除去する方法のひとつが筋肉をきたえることです。しかしやみくもに運動していてもかえって腰やひざを痛めてしまうこともあります。セルライトに効果のあるトレーニングとはどのようなものなのでしょうか。

ポイントは「血行を良くすること」と「柔らかい筋肉を作ること」です。血行を良くしてセルライトをこれ以上作らないようにしましょう。

腰のセルライトはおしりの筋肉を作るトレーニングを行うことが効果的です。腰の筋肉は鍛えづらいためにおしりからふとももにかけてのトレーニングを行って腰周りのセルライトもいっしょに撃退しましょう。ヒップアップ効果も期待できますよ。

うつぶせに寝てリラックスします。足を揃えます。このときに意外と足がまっすぐに伸びないことがあるので注意しましょう。人間の身体は思ったよりまっすぐではないのです。つま先から糸が伸びているイメージを持ってください。その糸が天井につながっています。糸が上へ引っ張られるせいで足も上へ引っ張られます。そのようなイメージで足を伸ばしたまま上へ持ち上げます。

ポイントは身体の中心・足の内側の筋肉を意識することです。足の外側に重心が傾いてしまったら腰のセルライト撃退効果は半減します。足の中心・親指から股関節のラインを意識して足を持ち上げます。そうするとあまり高く上がらないはずです。高く上げることが目的ではなく足を伸ばすことが目的なのでそれでオッケーです。

「糸を引っ張られる(上へ足を持ち上げる)・これ以上上げると膝が曲がってしまう位置でゆっくり10数えてキープ・10秒かけてゆっくりと床へ下ろす」を両足交互に3セット行なってください。必ず呼吸を止めないように。結構キツイはずですよ。ヒップアップ効果も期待できて、腰のセルライトも除去できるでしょう。

どうしても下半身痩せしたい!セルライトも消える意外なストレッチ

肩や胸は薄くて「痩せているね」と言われるのに下半身だけはガッチリ・・・。そんな悩みを抱えた女性は多いのではないでしょうか。さらに怖いのがセルライトです。ボコボコしたセルライトが下半身のありとあらゆるところに・・・痩せたいしつるつるキレイになりたい!下半身痩せを目指すあなたは、意外なストレッチが効果があるのをご存知でしょうか。

下半身をすっきりさせてセルライトを除去するためには「骨盤」が重要なのです。骨盤は身体の中心です。セルライトがとくに気になるおしりは骨盤に直接的に支えられていますし、両足も骨盤から伸びています。骨盤を制するものは下半身ダイエットを制す!ですよ。

あなたの骨盤まわりのお肉はガチガチに固まっていませんか?足を伸ばして前屈運動をして、手がちっとも足先に届かないあなたはかなり骨盤が動きにくくなってしまっています。身体が固いとよく言いますが、そのほとんどは骨盤が動きにくいせいで全身に影響が出ているのです。

骨盤を動きやすく整えて下半身のセルライトを解消するためのストレッチのひとつは「骨盤時計」です。ちょっと面白い名前ですよね。骨盤を時計の円に見立てて行うストレッチです。

仰向けに寝てひざを立てます。足は腰の幅に開きます。あなたの頭が6時だとすると足側が12時です。おへその右側が3時で左側が9時ですね。

両足を床につけたまままずは12時の方向に体重をかけます。おしりやみぞおちの裏が床から少し浮き上がってきますね。おなかは伸びている感じです。ゆっくりと息を吐きながら行なってください。一度中心に戻して今度は6時の方向へ。さっきとは逆でみぞおちの裏辺りが床に押し付けられますね。おなかのお肉はゆるみ、大きな玉子をおなかの上に抱いているイメージです。

今度は3時・続けて9時。このときの注意点はひざの位置です。3時に移動させたときに左膝が内側に倒れてこないように気をつけてください。両膝は常に天井を向いているようにします。慣れないと身体が緊張してしまって大変だと思います。慣れたら12時・1時・2時・・・と一周回して逆回転もしてください。

骨盤が動くようになると下半身の引き締め・セルライト解消だけではなく肩コリが解消されたり姿勢がよくなったりといいことづくめですよ。

脱毛の知識と最新情報を知りたいならコチラ→http://esthetictaiken.com/

このページの先頭へ